安定収入講座

ネットで収入を稼ぐ方法

新しい雇用形態としてクローズアップされているのがクラウドソーシングです。インターネットを通じて企業の仕事を個人が請け負う働き方です。

仕事はデータ入力などの簡単な仕事から、デザインなどの特殊な仕事まで幅広く取り扱っています。

常に案件は豊富な状態なので、安定して収入を得ることが可能です。

また、直接企業と取引をするのではなく、クラウドソーシングサイトが中間に入るので、仕事の請け負い受け渡しから、報酬の支払いまで一括で安心して仕事を請け負うことができます。

企業の仕事を請け負うなんて自信がない

「クラウドソーシング」てっ聞いたことがあるような気もするけど、でも初めてだからちょっと抵抗があるという方は、クラウドソーシング以外にも安定して稼げる仕事があります。

記事を作成するライターの仕事です。記事作成を専門に取り扱っているサイトで、テーマに沿った記事を作成するだけです。

記事を作成した分が報酬ですので、安定収入を稼ぐことが可能です。記事を書けば書くほど報酬がたくさん稼げます。

基本的には条件を満たした記事を作成すれば報酬は支払われますので、資格も不要で作文を書いたことがあればできる仕事です。

文章を書くのが苦手

ネットで収入を稼ぐ方法

文章を書くことが苦手と思っている方は、実は苦手なのではなく書き慣れていないだけかもしれません。

例えば、「○○○」について文章で説明してください。となると筆が進まなくなるのに対し、友達に「○○○」って何?て聞かれると何の抵抗もなくスラスラと言葉が出てきて説明できたりしませんか。

説明はできるのに文字にできない、書き慣れていないだけではなかと思いませんか。

「説明はできるのに文字にできない」ならば、「紙やパソコンに向かって書くぞ」ではなく、まず「○○○(テーマ)」について声を出して独り言を言ってみる。独り言を言ったことを覚えきれない方は、スマホで録音してみる。

この独り言を拾って「です。ます。」など、丁寧でわかりやすい言葉で文章化する。このステップで驚くほど簡単に文章が書けるようになります。

回数を重ねていくと、独り言録音が不要になり、独り言も不要になって、紙やパソコンに直書きできるようになっていると思いますよ。

自宅で安定して稼げるチャンスと高額収入へのステップ

ネットで収入を稼ぐ方法

ライターの仕事は自宅で安定した収入を得ることが可能です。

例えば、毎月50,000円の収入を外へ出てパート・アルバイトで稼ごうと思うと時給800円で62,5時間が必要です。

1日5,6時間を12,13日程度働けば達成できます。しかし通勤時間、準備時間なども必要となりますので、前後1時間ずつの余分に時間が必要ですので1日実働7,8時間と同等になりますよね。。

ライターの仕事で例えば『げん玉クラウド』の報酬相場は、300文字で70円、500文字で100円、600文字で1,200円・・・1,000文字で200円。

1,000文字案件を2件こなしても時給400円なので時給に換算するとかなり低くなります。

ただ、100文字増えるごとに報酬も増えます。要約が付きの案件は報酬が初めから高めですので時給500円、600円を狙うこともできスピード次第でもっと高い時給も狙えます。また、通勤時間、準備時間などの時間は不要です。

自分の好きな時間に時間拘束されることなく働くことができる利点もあります。書かなければ0円という欠点ももちろんあります。

ライターで養った文章力は高額収入へのステップに一役買ってくれています。というのも高額収入で稼ぐ仕組みはとても簡単でシンプルな方法ですが、文書力がモノを言います。

高額収入はテクニックがあるから高額の稼ぎが得られるのではなく、人を惹きつける文章が高額の収入を稼ぎ出してくれます。

ライターの仕事は面接ナシ、履歴書不要で今すぐ始められる、通勤なし、好きな時間に仕事ができる、ネット環境が整えばどこでもできる、仕事を選べる、内職のように荷物の受取り・受け渡し作業なし、こうやって考えてみるとかなりの好条件の仕事ですね。

ライターサイトを詳しく解説

クラウドソーシングについて詳しく解説

クラウドソーシングの解説

クラウドソーシングと聞くと、ちょっと敷居が高いと思われる方もいらっしゃるようです。

クラウドソーシングで紹介されている仕事は、初心者向けの案件も豊富に掲載されています。

例えば、データ入力やライティングです。ライター専門サイトと異なり、データ入力の仕事で稼いで、ライターの仕事でも稼げことができます。その他に簡単な仕事だと、Webサイトのチェック、商品登録、口コミ、商品レビューなどもあります。

クラウドソーシングサイトは、会員登録する前にどのような案件を取り扱っているのか閲覧することができます。

クラウドソーシングサイトを詳しく解説

ページの先頭へ