クラウドソーシングでお小遣いを稼ぐ方法

クラウドソーシングに解説

クラウドソーシングは、インターネットを通じて企業の仕事を個人が請け負う新しい働き方です。

Webデザイン・開発などの専門的なジャンルから、データ入力やライティングなどの初心者向けのジャンルまで幅広く取り扱われていますので、プロフェッショナルな方から一般の方まで自分に合った仕事を見つけることができます。

常に案件は豊富な状態なので、安定して収入を得ることが可能です。

また、直接企業と取引をするのではなく、クラウドソーシングサイトが中間に入るので、仕事の請け負い受け渡しから、報酬の支払いまで一括で安心してやり取りができます。

仕事請け負いから報酬受け取りまでフロー図で解説

  1. クラウドソーシングサイト会員登録

    企業と個人の仕事を繋いでくれるクラウドソーシングサイトに会員登録します。

  2. 仕事の請け負い

    クラウドソーシングサイトに掲載されている仕事を選び請け負います。

  3. 仕事の納品

    出来上がった仕事をクラウドソーシングサイトを通して納品します。

  4. 報酬の支払い

    クラウドソーシングサイトを通して報酬が支払われます。

クラウドソーシングサイトとライティングサイトの違い

どちらも安定した収入を得られるお仕事であるところは同じです。

ライティングサイトはライティングのみの仕事で、クラウドソーシングサイトはライティングを含めたさまざまなジャンルの仕事を取り扱っています。

契約形態や報酬面において多少異なるところがありますので、それぞれに解説していきたいと思います。

契約形態

ライティングサイトは、会員登録が完了したらサイトに掲載されている案件を自由に選び仕事することができます。

クラウドソーシングサイトは、あくまでも個人と企業をつなぐ中間業者なので、仕事の内容に関してクラウドソーシングサイトはノータッチです。仕事の条件等は請け負った仕事ごとに異なります。

報酬

ライティングサイトは、記事を書き承認された分、報酬が貰えます。システム手数料などは基本的にありません。

クラウドソーシングサイトは、システム利用料がかかります。システム利用料金の目安は報酬の5%~20%程度で報酬額によって異なります。報酬から差し引かれますので持ち出しは0円です。

クラウドソーシングサイトを利用すると損なイメージが湧いてきますが、ライティング報酬はシステム利用料を差し引いた金額とライティングサイトの報酬はほぼ同等だと思います。

一般向けな案件が豊富なクラウドソーシングサイト

一般向けの仕事(案件)は、ライティングやデータ入力などの作業系です。

初心者の方で一般向けな仕事が豊富なクラウドソーシングサイトとなると、大手クラウドソーシングサイトがおススメです。

大手は多くの大手企業を提携をしていますので必然的に一般向け案件の取り扱いも多くなってきます。

クラウドソーシングの歴史はまだ浅いですが、その中でも実績のある国内最大手クラウドソーシングサイトは「ランサーズ」と「クラウドワークス」です。どちらもニュース番組や新聞などで取り上げられたことのある大手で安心のクラウドソーシングサイトです。

ランサーズ

クラウドワークス

クラウドソーシングサイト

ポイントサイトで沢山お小遣いを稼ぐには、沢山のポイントサイトに登録すれば沢山稼ぐチャンスが増えますが、やみくもに登録しても続かなければ収入は増えません。

ポイントサイトでも沢山稼げるサイトと、ソコソコしか稼げないサイトがあります。稼げる幅の違いはポイントサイトの規模です。

大手ポイントサイトの方がやはりポイント還元率がいいし、無料で稼げるコンテンツが豊富ですし、新しいコンテンツの導入が早いです。稼ぎやすいポイントサイトの方が楽しいですしね。

まずは大手ポイントサイトで稼いでみて、続けられそうなら登録ポイントサイトを増やして稼いでいった方がよいと思います。稼ぎ方はクリックするぐらいの簡単なことなんですけどね。

おススメとしては5つぐらいのポイントサイトに登録した方がよいです。ポイント還元率はサイトによって異なり2,000円、3,000円と差があることもありますので、比較して利用した方が損がありません。

クラウドソーシングサイト比較一覧

ページの先頭へ